イラストレーターのやりがい

PAK85_iroenpitunaname131310_TP_V (1) (1)
絵を描くことを商売とするイラストレーター。そんなイラストレーターという職業には多くのやりがいや喜びが込められています。
今回はイラストレーターの魅力や、お仕事を通じて得られるやりがいや喜びについて紹介していこうと思います。

イラストレーターで感じられるやりがい

イラストレーターのお仕事を通じて得られるやりがいや、イラストレーターの魅力的な部分についてまとめました。

好きなことで収入を得る

イラストレーターの魅力的な部分は何と言っても「自分が好きな描くこと」で収入を貰えるという点です。
もちろん全てが全て楽しいという訳ではなく、時には辛い事だってあるでしょう。イラストレーターはお客さんが納得いく絵を提供するのが仕事ですから、クオリティの高い絵を完成させる上で集中力を高めたり色々と試行錯誤を繰り返す必要があります。その反面、作品が出来上がった時は大きな達成感や満足感を感じることが出来るでしょう。

「描く事」で人に感動を与える喜び

完成した絵でお客さんに喜んでもらえた時にはイラストレーターだからこそ感じられる喜びがあるでしょう。好きなことで人に感動を与えられるというのは、なかなか無いことです。またある程度の実績を積んで行けば「この絵はあの人にしか描けない」などと、企業から名指しで指名される事もあります。自分のイラストが他者に認めらた時は何よりも嬉しく、今後のモチベーションや自分自身のさらなる発展に繋がります。

色々なアイデアを思い浮かべる事の楽しさ

イラストレーターは描くだけでなく、色々なアイデアを想像する事も大事な仕事です。いくら高い技術があったとしても、最終的な絵の完成形が見えてこなければクオリティの高い作品は中々生み出せません。そういった時に、絵の個性や魅力を引き出してゆくにはどうすればいいのか? どういった絵を描く事で相手は喜んでくれるのか? などと、想像を膨らませて絵に工夫を加えていくのはイラストレーターならではの楽しさと言えます。

まとめ

イラストレーターのお仕事にあるやりがいや魅力についてお伝えしてきましたが、如何だったでしょうか? イラストレーターは絵で人に感動を与える喜びの他に、好きだからこそ感じられる楽しさも存在します。今後イラストに関わる仕事に就きたいと思っている方は、何よりも絵に対する情熱を忘れずに取り組んで行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする