イラストレーターが携わる媒体一覧

PP_hude_TP_V (1)
街や駅で見かける広告やポスターの量を見れば分かる通り、世の中にはイラストレーションに関係する媒体が数多く存在します。
これらの制作のほとんどはイラストレーターが関わっており、それ以外にも書店に並んでいる漫画や小説、スーパーなどで販売している商品のラベルといったものがあります。今回はイラストレーターが携わる媒体の種類を幾つかまとめましたので、気になった方は参考にして頂けると幸いです。

関わってくる主な媒体

以下は、イラストレーターが大きく関わる媒体です。

漫画、小説

イラストレーターが関係する媒体の1つは、漫画や小説などの書籍です。これにはパターンが多くあり、その作品のイメージデザインを描いたり、本文中にある挿絵のイラストを描く事もあります。

雑誌

雑誌には様々なジャンルが存在するため、その雑誌のイメージに合わせてイラストレーターがデザインを行います。

パンフレット

遊園地や水族館などのカラフルなパンフレットを見た事がある人は多いと思います。それらパンフレットのデザインはイラストレーターによって行われたものです。パンフレットのデザイン作成時はデジタルツールを用いて、全体の大きさやトリムマークと呼ばれる縦線を入れていきます。その後、適したカラーリングや画像の配置、画像の解像度などを施し、完成したらコピーしてデザイン終了です。

広告

これは通勤や通学で見かける方が多いでしょう。駅や電車の中に貼られているチラシやポスターの大半が広告に当てはまります。広告は人の目に触れる機会が非常に多く、見た人の心を掴むような描写力や表現が求められます。

WEBサイト

インターネット上に存在するサイトの多くは、サイト上に色や絵などを活用して見栄えを良くしています。イラストレーターの中にはホームページのデザインを担当している者も多く、別名ではWEBデザイナーとも呼ばれます。サイトを訪れたユーザーに少しでも魅力や印象を与えられるよう、予め設定したレイアウトを基にサイトの色合いや装飾を施していきます。

商品パッケージ

これはパッケージデザイナーが主に担当するお仕事です。食品や日用品などの商品パッケージを容器の形に合わせてデザインしていきます。十分なスキルが求められるお仕事なのでアルバイトやパートでの求人は少なく、正社員や契約社員がほとんどです。

まとめ

如何だったでしょうか? 今回はイラストレーターが主に関わる媒体について幾つか紹介しました。イラストレーターが関わる媒体は雇用形態によっても大きく変わりますので、今後イラストレーターを目指すという方はその辺を押さえておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする