イラストレーターの同人活動

PAK25_tokyobigsiteaozora_TP_V

イラストレーターは決して自分の描きたい絵、好きな絵が描けるわけではありません。
しかしそれはあくまで仕事での話。仕事以外で描いた好きな作品を発表する場があれば嬉しいですよね。
そんな時におすすめしたいのが、同人活動。
すでにイラストレーターの仕事をしている方はもちろん、現在イラストレーターを目指している方の実力試しの場としてもおすすめなのです。
いったい同人活動とはどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

同人活動って?

同人活動とは、自分の作った作品をイベントなどで発表する活動のことです。イラストだけでなく漫画やゲームなど、コンテンツの種類は様々で、同人イベントなるものも多数開催されています。基本的には未発表の作品に限るため、プライベートで制作したものを発表することになります。
同人イベントは多種多様で、ジャンルを問わない自由なイベントもあれば、出品作品のテーマが定められているオンリーイベントもあります。
イベントでは作品の販売も行いますが、出品者の目的はお金稼ぎではなく、あくまで自分の作品を多くの人に見てもらうことのようです。

同人活動によって上達する

同人活動では作品を他者に見てもらい、意図を伝え、意見をもらうことができます。趣味で描くだけなら自己満足でいいものの、同人活動をしているとどうしても他者の気持ちを考えながら制作することになるのです。そのため、知らぬ間に人に見せるイラストを描く技術が向上します。
仕事をしている人であれば職場でさらに技術が認められるかもしれませんし、素人の方はどんどん上手くなってプロの目にとまる機会も出てくるかもしれませんね。

同人活動からプロになる道もあり

これは素人の方に限りますが、同人活動で実力が認められてプロになるというイラストレーターもいます。
同人活動のレベルは年々高くなってきており、プロからの注目度も増しているのです。
イラスト業界で働く方々は忙しく時間が限られていますが、その限られた時間の中で同人イベントを見に来る人もいるほど新人を欲しているのです。イラスト業界の方々にとって、やる気と実力のある同人イベントのクリエイターたちはまさに金の卵なんですね。

まとめ

同人活動は、プロのイラストレーターの方にとっては実力を試す土俵になりますし、プロを目指している方にとっては才能を見出されるチャンスの場にもなります。
クリエイターとしての熱い気持ちを持って、ぜひ同人活動を始めてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする